メニュー

コラーゲンはビタミンCが無いとつくられない

ビタミンCはコラーゲンの合成能力を高める

ビタミンCが不足すると、丈夫な繊維組織をつくる素となるアミノ酸「ヒドロキシプロリン」が働きません。結果、つくり出されるコラーゲンがとても不安定になってしまいます。

ヒドロキシプロリンがつくり出されるためには、ある酵素が働く必要がありますが、その酵素はビタミンCが欠乏すると働きません。

ということは、コラーゲンの合成にはビタミンCは不可欠といえます。

コラーゲン製品を出している各メーカー共に、コラーゲンとビタミンCの関係が深いことを重要視しているため、一緒にビタミンCを配合しているものが多くあります。

具体的に、各社飲むコラーゲンのビタミンC含有量を見てみましょう。

◆各社コラーゲンドリンク ビタミンC 含有量
コラーゲン名 メーカー ビタミンC 含有量
アスタリフトドリンク 富士フィルム 250mg
アミノコラーゲンEX 明治 1000mg
フラコラ プレミアム 協和  1000mg
 フラコラ EX 1000mg
キュプルン ライオン 450mg
HTCコラーゲンドリンク
テンスアップEX
ファンケル 250mg
DHCコラーゲン
ビューティー7000プラス
DHC 500mg
潤粋ヒアルコラーゲン ハウス食品 100mg
シトラスコラーゲン オルビス  500mg
ザ・コラーゲンエンリッチド 資生堂 100mg

各社コラーゲンと共に、ビタミンCを配合していますね。

ただ、勘違いしないでおきたいのは、コラーゲンと同時にビタミンCを一緒に摂ることの必然性は、必ずしもあるわけではないということです。

厚生労働省が推奨する、必要なビタミンCの摂取量は18歳以上で1日100mgが基準となっています。

この量をきちんと食事で摂取できているのであれば、加えてビタミンCをドリンクやサプリで摂取する必要はなく、あえて一緒にビタミンCが入ったドリンクを選ぶ必要もないのです。

つまりビタミンCとコラーゲンを一緒に摂った方がよい、というのはビタミンCが足りない人のみで、体の中にビタミンCが足りていれば特に気にする必要はありません。

また、ビタミンC不足によって起こる影響は、コラーゲン合成に限った話であり、コラーゲンペプチド事体の働きを妨げるという訳ではありません。

     総合コラーゲンランキング 料金で選ぶコラーゲン
     コラーゲン含有量で選ぶ 味で選ぶコラーゲン

このページの上

効果別No.1コラーゲン
ドリンク13種類飲み比べレポ
コラーゲン効果のお勉強
コラーゲンの飲み方
今すぐできる!摂り入れ方
このサイトについて